ホーム > blog

blog

20代女性「過去に他院で治療した左下の奥歯が痛い」インプラント治療した症例 [2022年04月13日]

はじめのご相談内容

「過去に他院で治療した左下の奥歯が痛い」とご相談いただきました。

カウンセリング・診断結果 

CT撮影をして確認したところ、根の管の中に治療用の器具が破折(割れたり、折れたり、ひび割れたりすること)して残存している状態で、根の先に膿が認められました。
さらに、前後2本の根の間が割れており、こちらも膿が確認されました。そのため、この歯を保存して再度補綴(歯の欠損部に入れ歯をしたり冠をかぶせたりして、歯の働きを補うこと)するのは不可能と診断しました。

行ったご提案・治療内容

抜歯を行い、欠損部にインプラント治療を行うことをご提案しました。

年齢が若い患者様でしたので、両隣の歯を削合しなくてはいけないブリッジは将来的な予後が心配でした。また、義歯は咬合力(噛む力)の低下や不便さがあるため、インプラント治療が最適と判断しました。

この治療で特に注力したポイントは?

膿のある状態が長期にわたり続いていたため、周りの骨が慢性の骨硬化を起こしていてインプラントには厳しい条件でした。抜歯時に骨の状態の改善を図るために、骨質改善の処置を徹底的に行いました。インプラント埋入時もしっかりとした初期固定がとれるように留意しました。

治療期間

約6か月

おおよその費用 450,000円
<内訳>インプラント基本診断料30,000円 インプラント埋入手術250,000円 骨造成50,000円 連結装置20,000円 オールセラミッククラウン100,000円

術後の経過

以前までの天然歯の時とほぼ変わらず、違和感なく使用されています。極めて快適とご満足いただけました。

治療のリスク ・稀にインプラントの上部構造のセラミックが欠けることがあります。
・定期的なクリーニングを怠ると、稀にインプラント周囲炎を起こすことがあります。

治療前

治療中

抜歯後



抜歯後の慢性骨硬化像のCT



インプラント埋入直後

治療前

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

30代女性「銀歯を白くしたい」フルジルコニアクラウンで治療した症例 [2022年03月17日]

はじめのご相談内容

「銀歯を白くしたい」とご相談いただきました。

カウンセリング・診断結果 

診察したところ、右上に古いメタルクラウンが入っていました。歯内療法的な問題は無く、補綴のやり直しのみで審美性が回復できると診断しました。

行ったご提案・治療内容

強度と審美性のバランスを考慮して、マルチレイヤータイプのフルジルコニアクラウンが最適と判断しました。
ジルコニアクラウンと歯のつなぎ目の部分の適合が悪いと、将来的に歯肉に悪影響を及ぼすので、精密な形成と型取りに留意しました。

治療期間

2週間

おおよその費用 125000円
術後の経過

使用感は良好で、審美性にもご満足いただいています。

治療のリスク 稀に使用中に欠けることがあります。

治療前

治療後

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

50代男性「銀歯を白くしたい」オールセラミックインレーで治療した症例 [2022年03月17日]

はじめのご相談内容

「銀歯を白くしたい」とご相談いただきました。

カウンセリング・診断結果 

レントゲンで確認したところ、銀歯の下に一部虫歯も確認できました。古い保険の銀歯を除去して、やり直しが必要と診断しました。

行ったご提案・治療内容

虫歯の大きさ、咬み合わせ、審美性などを考慮してオールセラミックインレーが適当と判断しました。
歯の切削量を最小限に留めることに注力して治療を進めました。

治療期間

1週間

おおよその費用 110,000円
内訳:小臼歯50,000円、大臼歯60,000円 

術後の経過

使用感は良好で、審美性にもご満足いただいています。

治療のリスク 稀に使用中に欠けることがあります。

治療前

治療後

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

30代女性 前歯をジルコニアクラウンで治療した症例 [2021年10月01日]

歯を審美的に治療するにはセラミックを使用します。
古くからの方法ではメタルボンドクラウンといって、金属のフレームにセラミックを焼き付けたもの。歯科の歴史上一番長く使われてきたものです。

これは歯茎との境界線(マージン)に黒いラインが見えやすいので、最近はあまり使用されません。
ここ最近10年は金属不使用のオールセラミッククラウンが主流となってます。

私が歯科医師になった20年前はまだほとんどメタルボンドでした。
当時新しく出てきたのがオールセラミッククラウン。メタルボンドのマージンが黒くなるのがもの凄く嫌だった私は、当時からほとんどをオールセラミッククラウンで治療していました。多分人生でメタルボンドは1%ぐらいしか使ってないと思います。そんなわけでメタルボンドの写真はありません(笑)。

初期はプレスセラミックというものでした。イボクラーの製品をずっと使って、試行錯誤を繰り返しました。エンプレス→エンプレス2→e-maxと強度がどんどん上がって、色もどんどん綺麗に。
e-maxは今でも使用しますね。

その後CAD/CAMで削りだすジルコニアが急速に普及して、選択の幅が大きく増えました。

最近は前歯の治療はジルコニアでフレームワークを作り、陶材を焼き付けるPFZクラウンが多くなっています。メタルボンドのメタル部分をジルコニアに置き換えたものです。
焼き付ける陶材部分の綺麗さは技工士の腕にかかっています。


左上の前歯の補綴治療。


もうどこが治療した歯かわからないです。

裏側から見た写真。咬み合わせで当たる部分は陶材は盛らず、ジルコニアむき出しで強度を確保。これをメタルボンドでやると金属色になってしまい、かなり審美性が落ちるのでジルコニアならではの設計です。よく見るとフレームの切端部分をギザギザに作ってあります。これはマメロンという天然歯の切端の色を再現するため。

ちょっと手間のかかる治療ですが、綺麗に前歯を修復したい方のご相談をおまちしてます。

この治療の費用

180,000円+税

この治療の期間

治療回数5回

この治療のリスク

本治療は自由診療となります。
セラミックは強い負荷がかかると割れる・欠ける場合があります

定期検診の必要性 [2021年09月27日]

コロナ禍で定期検診での通院が途絶えてしまった方がいらっしゃいます・・・。中には開業当初よりずっと通院されていた方も。

そういった方々が痛みや腫れなどのトラブルで久しぶりに来院されるケースが増えております。
今までご自身でいつも綺麗に管理されていた方々も、通院が途絶えると、やっぱり口腔内に問題が起きるものなのです。
根管治療の途中で中断なんてもっと大変な事に。



根管治療途中で中断の歯。もうここまでなると抜歯しかありません。

 

今まで定期検診が大切だという事は色々な研究結果で明らかになっていますし、自分でもわかっていたつもりでした。
それでもこんなに実感したことはありませんでしたよ。普段は出来ない実証実験になってしまっています。

歯科医院への通院は決して不要不急ではないと思います。
定期検診、大事!大事!!(大切な事なので二度言いました)


長期間空いてしまうと歯石も固くなります。除去に痛みが伴ってしまいます。少ないうち、柔らかいうちに取りましょう。

いつも患者さんに言っているのですが、痛みに弱い方こそしっかり通院しましょう。ちゃんと定期検診に通っていると痛みを伴う治療なんてほとんどあり得ません。虫歯の治療も放置すると治療も大変になります。

定期検診にいらっしゃった方に差し上げているペコちゃんの歯ブラシ。うちの衛生士が使いやすさとコストを考えに考えて選んだものです。評判いいです。
この歯ブラシをしばらく貰っていない方、是非いらっしゃってください。中断してたからって怒ったりしませんから(笑)。

 

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

30代女性 インプラントを抜歯即時埋入した症例 [2021年08月04日]

私がインプラント治療を始めた20年前は、抜歯してから6ヶ月治癒を待ってから埋入、その後インテグレーションにまた6ヶ月近く待ってから上部構造の型取りでした。抜歯をしてから治療が終わるまで1年以上かかってしまうのがスタンダード・・・。

今でも骨が少なく増骨をたくさんした場合や、感染範囲が広い場合は時間が必要となることも多いです。というよりそういう難しいケースが増えている気がします。

義歯を使っていて不便だからインプラントにしたい、のような比較的難易度の低いケースは減ってきていて、どうしても保存が出来なくなった歯を抜いた時に隣の歯は削りたくないからインプラントへという骨があまり無くなっている難ケースばかりのような。
だからこそ比較的骨が多く残る場合は出来るだけ腫れ痛み少なく、手術の回数は少なく、短期間で終わらせたい。

今回はそんなケース。
過去に歯内療法をちゃんとやってない左上の5番。再治療も不可能な状態になっているのに加えて多分どこかで破折していると思われます。

事前にCTで抜歯即時埋入が可能であると判断しました。

事前の準備大切。

今回はカムログのプログレッシブラインでいきます。
日本で発売が開始されてから1年半ぐらいです。

スレッドが深くテーパーが強め。
骨が脆弱な抜歯即時埋入には最適です。
食い込みのいい木ねじみたいなイメージ。

ちなみにこれが旧来のスクリューライン。プログレッシブラインの方が食い込みそうなのがわかりますかね。スクリューラインは圧をかけたくない時や、歯肉が下がる可能性を考えなくてはいけない時に研磨面が大きく安心して使えます。
どちらも使い分けが重要です。

で、抜歯したのですが・・・

歯根が割れていてバラバラに。根尖だけ残りました。
同業の先生ならこの状況がどれだけめんどくさいか伝わりますよね(笑)。
インプラント埋入予定なので骨は壊せない。
かなり苦労しましたが、無事に抜歯。


骨も出来るだけ残したので初期固定もバッチリ。
4ミリのヒーリングアバットを付けてしっかりGBRもして終了。
インプラント埋入は15分ほどで終わりました。
抜歯が大変だった・・・。
あとはしっかりインテグレーションするのを待って上部構造を装着ですね。
抜歯・埋入・2次オペと3回必要だった外科処置が1回で済みました。

ややこしめなインプラントの相談、お待ちしております。

ご相談内容 左上の奥歯に違和感がある
カウンセリング・診断結果 CT撮影を行って診断したところ、根管治療の不備と歯根の破折が確認され、保存不可能と診断しました
行ったご提案・治療内容 抜歯即時埋入によるインプラント治療
治療期間 6ヶ月
おおよその費用 505000円+消費税
術後の経過 現在術後10日、痛みもなく経過良好
治療のリスク 最終的に入れるセラミックの上部構造はまれに欠けることがあります

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

30代女性「奥歯の銀歯が目立つ」奥歯の銀歯をセラミックで白く治療した症例 [2021年05月20日]

はじめのご相談内容

過去に治療した右上の銀歯が笑った時に目立って気になるとのことでご相談いただきました。

ご相談当初より「白いセラミックに替えたい」とのことでした。

カウンセリング・診断結果 

現状では笑った時に金属色がお口の中で光って目立つ状態でした。

土台となる歯の根の治療の状態は良好であることがレントゲンで確認されたので、

追加で歯を削るような処置は行わず、被せ物の交換だけでよいと判断しました。

行ったご提案・治療内容

患者様のご希望に合わせ、いくつかのセラミッククラウンをご案内しました。

その中でも今回はジルコニアクラウンのマルチレイヤータイプを選ばれました。

治療期間

仮歯への交換、型取り、装着まで3回程度の来院回数でした。

概ね1ヶ月程度で治療完了となりました。

おおよその費用 約125,000円(税別)
術後の経過

術後の経過は良好で、次回は定期検診時にチェックさせていただきます。

今後もメンテナンスを継続すれば、引き続き違和感や異常もなく過ごしていただけると思います。

治療のリスク セラミックは使用環境によっては外れることがあります。 

治療前

治療後

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

佐藤琢磨選手 インディ500勝利!! [2020年08月25日]

全く歯科と関係ありません(笑)。
新型コロナウイルスの影響で中止が相次いでいたスポーツイベントも、少しずつ再開されてきましたね。
それでもまだ多くが無観客。早く以前のように目の前で楽しめる日が戻ってくることを願っています。
やっぱり野球は生ビールを片手にメガホン無いと楽しさ半減ですよね。

そんな中で!
佐藤琢磨選手がインディ500で勝ちました!!!
それも今回で2回目。いやあ凄い!!!!
インディ500はルマン24h、モナコGPと並んで世界三大レースと言われています。
アジア圏からの勝者は佐藤選手ただ一人。ものすごいことなのです。
日本のマスコミももう少し大きく報道してあげて欲しいです。

と、言いながらF1派の私も普段はあまりチェックしていないのですが^^);

昨日NHK BSでレースの再放送をしていました。
診療中だったので録画してあります。
木曜日に観よう。

レース大好き、ホンダファンとしてはこんなに嬉しいことはありません。

4年前に鈴鹿サーキットで行われたパーティーで撮ってもらった自慢の写真(笑)。
実物もテレビで観るのと同じでずっとニコニコしていて素敵な方でした。

サーキットもスタンドが空っぽなのは寂しい。
早くレース観に行きたい!

 

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

 

出来る限り歯を削らないセラミッククラウン [2020年05月20日]

フレームに金属を使用したセラミッククラウン(メタルボンド)は縁にどうしても金属が透けて黒くなります。そのため歯との境目は見えないように歯肉の中に入れる設計をするのが普通です。
ただどうしてもそれだと歯を削る量が多くなってしまいます。
しかし最近は金属を使わないオールセラミッククラウンが主流なので、境目の色をあまり気にしなくても良くなりました。

以前のメタルボンドだと歯肉の下まで削っていたものが半分で済みます。

こっちの方がわかりやすいかも。

40代の女性の方でした。銀歯が綺麗に白くなり歯を削る量は最小限。
リスクとしてはマックス削るよりほんの少しセラミックが割れやすいですが、最近のジルコニアは強度あるしおまけにすごく綺麗。しみる症状も出にくい。奥歯であればこれが現在の第一選択だと思います。
治療期間は1週間。費用は125000円。
上の歯より下の歯はよく見られてしまいます。一番奥でもかなり見えます。
銀歯が気になっている方、いつでもご相談ください。
特に女性にお薦めです^^

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

 

 

感染予防対策と歯科治療 [2020年04月15日]

新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
歯科医院でも数々の対策を行っております。

・使い捨てグローブ、マスク、フェイスガード着用

ハンドピースの滅菌

ハンドピース専用滅菌器

患者さんごとの使い捨て、滅菌

徹底した感染対策を行っているのが歯科です。
今回ここに当日問診票を追加いたしました。
治療終了後の清掃はさらに徹底しております。

でもほとんどの事が今までも行われてきたことなのです。
歯科医師が相手にしているのはずっとずっと目に見えない微生物なんです。
新型コロナウイルスに限らずです。
HbV、HcV、HIV
こういったウイルスから患者さんの感染、自分たちの感染が起きないように
ものすごい努力で対策してきました。
使い捨てられるものは使い捨て、出来ないものは滅菌です。
消毒ではありません。滅菌です。

滅菌とは・・・病原体・非病原体を問わずすべての微生物を死滅、または除去すること
消毒とは・・・病原性微生物を死滅、または除去させて感染の危険をなくすこと
殺菌とは・・・菌の生活力を奪うこと
一番レベルが高いのが殺菌です

治療においても虫歯、歯周病、根管治療、全て目に見えない微生物との闘いです。

私達は微生物との闘いのプロなのです。
プロのプライドがあります。

歯科治療は緊急性がないものでしょうか。
メンテナンスをしっかりされている方とされていない方ではインフルエンザに罹患する割合が違うのをご存じでしょうか。
口腔内を清潔に保つことが今こそ大切なのではないでしょうか。

綺麗な口腔内は「第二のマスク」になるのです。
今歯科医師が出来ることはこの分野で感染拡大の防止をお手伝いすること。

熱のある方、基礎疾患のある方、高齢の方
このような方々は外出自体がリスクとなるので延期などを考えた方が宜しいかと思います。

でも徹底的に対策された歯科医院で治療を受けることと、繁華街に呑みに行くことや満員電車に乗ることを同列に考えて欲しくないのです。

先週恥ずかしながら右上の歯が痛くなりました。自己診断だと中ぐらいの虫歯。
子供の頃学校検診で虫歯が見つかって、痛くなる前に父親に治療してもらった時以来の虫歯。痛みを伴うものは生まれて初めてです。
恥ずかしながらものすごく不安になりました(笑)。来院される方の気持ちが痛いほどわかりました。
信頼できる先輩に連絡して予約を入れてもらいました。
久しぶりの虫歯治療は不安だらけでしたが、痛みも全くありませんでした。

帰宅したら嘘のように右上の痛みが無くなりました。A先生に感謝です。

やはり歯科治療は生活において重要役割を果たしているんだと身をもって実感しました。

不安なことなどはいつでもお問い合わせください。

 

デンタルオフィス代々木上原
03-5452-4618

« Older Entries